代表の挨拶

伝統と革新、そして持続可能なものづくりを

平素は皆様に大変ご愛願を賜り感謝申し上げます。

当社、あざみ屋は沖縄の日本本土復帰の直前、1971年に織物事業所として創業しました。復帰と共に本土から多くの資本が流れ込んでくるのを踏まえて、地場の独自産業を興すことが目標でした。当時は織物の産業化が困難と言われてのスタートでしたが、その志を繋いで半世紀、地域の織物産業として現在も精進を続けているところであります。この志は昨今注目されているサステナビリティ(持続可能性)のひとつである「産業と技術革新の基礎をつくる」という項目にも当てはまり、改めて大切さを痛感しております。

私どもの製造する八重山みんさー織は、国の伝統的工芸品の指定織物で「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」という思いが込められた独特な絣織物であります。その独特なモチーフを大切にし、且つデザイン性を最大に生かした製品を展開し、生活の中に潤いを与える製品として製作して参りました。

復帰直後の当時、本土から沖縄に来島者が増加していきましたので、それと共に土産品としても売上が伸び、事業が順調に成長して来ました。また、2000年の沖縄サミット以降は夏のご当地ウエアなどの製品展開により、みんさーウエアは地域のブランドウエアとしてご愛用頂いております。そして、現在はその他の製品群も含めて、地域の文化観光資源として親しまれております。

創業当時から約半世紀、伝統を守りながらも常に新しい製品づくりに邁進して参りましたが、お客さまからの声に耳を傾け、お客さまに満足して頂ける製品を提供し続けられた事によって、現在までお客様と共に歩んで来る事が出来たと心より感謝しております。今後も地域織物の産業化と共に織物文化の振興・発展を目指すため、工芸品としての美的価値を有しつつも、生活の中に使えるものづくりに努めて参ります。

かの有名な芭蕉の言葉に「古人の後を求めず、古人の求めしところを求めよ」があります。現在伝わる伝統なども、その時代時代に常に輝くような働きがあって、世の中に功績とともに広まった訳であり、ただ単に過去のものを踏襲をしてきた訳では無いと思います。ですから、私たちも古人に倣い、伝統を守りながらも、今の時代に受け入れられるものづくりを革新的に実行し、そして社会に必要とされるキラリと輝く製品づくりを目指します。

最後に、今コロナ禍の世の中において尚更のことですが、「繋がること」、「繋げること」の大切さを少しでも実践をしていきたいと思います。それは、ものづくりを通じて、ひとづくり、環境(社会)づくりに繋げたいと思います。また、八重山みんさー織が生まれたこの八重山の美しい自然やあらゆる環境の保全・維持・回復を図り、次世代への恵みとして繋げていきたいと想っています。そしてそのことが文化として、世界的な取り組みである持続可能な開発目標(SDGs)に繋がっていくことを願っております。

 

新 賢次 (Kenji Ara)
株式会社あざみ屋 代表取締役社長
非特定営利活動法人 八重山織物工芸産業振興会 理事長

守り育てる気概を持って

 独自の伝統織や芸能が現代に継承され息づいている八重山文化の中で、織物は古くから単なる人間の体を保護するだけでなく、『魂を守る役目を果たすもの』と考えられてきました。「五(いつ)四(世)」の絣に想いを込めた「八重山みんさー織」は、そのような八重山の精神文化が育んできた産物であり、これからも未来へと継承していかなければならない文化遺産であります。
 そのためには「守り・育てる」気概を持って、暮らしの中に多く取り入れられる”ものづくり”を目指すと同時に、育まれた精神性を大切にしながら、丹念に作っていきたいと考えております。

新 絹江 (Kinue Ara)
みんさー工芸館 館長
八重山ミンサー織 織元
『現代の名工』

PAGE TOP