織りの種類

みんさー帯

古(いにしえ)から織られてきたみんさー帯(みんさーふ)は、
五つと四つの絣模様に「いつの世までも、末永く・・・。」という想いを込めて、藍で染められた細帯でした。
現在では、四寸や八寸などの帯幅を始め、色鮮やかに、そしてデザインも豊富になりました

古(いにしえ)から織られてきたみんさー帯(みんさーふ)は、五つと四つの絣模様に「いつの世までも、末永く・・・。」という想いを込めて、藍で染められた細帯でした。現在では、四寸や八寸などの帯幅を始め、色鮮やかに、そしてデザインも豊富になりました。

PAGE TOP