八重山みんさーの特徴

時代にマッチした伝統工芸品

〜なにげない時にも使って欲しい〜
「生活に手織りのぬくもりと、伝統を取り入れる」ということ も豊かさのひとつ・・・
時代の推移と共に、一時期には消滅寸前になりましたが、 1970年頃から現代の暮らしに使えるよう、みんさー工芸館 織元・新 絹枝の「伝統を引き継ぎながらも、革新を目指し ていく。」という創案に依り、豊かな色彩を取り入れた広幅 の布が織り出され、工夫されたことによって現在の普及に 至っています。

創業1971年頃の伝統と革新
綿の風合いと、独特なミンサー絣を大切にしながら、古い 中にも南国の自然をモチーフとした豊かな色彩やデザイン し、帯やバッグ類、シャツや雑貨小物、インテリアなど生活 文化用品としての様々な製品を生産しています。

八重山ミンサー伝統的工芸品であるということ

1989年4月11日付けで、伝産法(伝統的工芸品産業の振興 に関する法律)に基づき、経済産業大臣から伝統的工芸品の 指定を受け、従来、石垣市や竹富町で織られていたみんさー 織は、経済産業省告示第184号により「八重山ミンサー」と呼称 の統一がなされました。
(本サイトでは、1971年創業当時より用いている「八重山みん さー織」表示を踏襲しております。)

伝統的工芸品
「伝統的工芸品」とは、一般の「伝統工芸品」とは別に 伝産法で定められており、「的」とは、「工芸品の特長が 現在まで継承されていて、更に、その特性を維持しながらも 改良を加えたり、時代に合った製品作りがされている工芸品」 の要旨があります。
また、法律上では次の要件が必要と規定されています。

(1)主として日常生活で使用する工芸品であること。
(2)製造工程のうち、製品の持ち味に大きな影響を与える部分は、手作業が中心であること。
(3)100年以上の歴史を有し、今日まで継続している伝統的な技術・技法により製造されるものであること。
(4)主たる原材料が原則として100年以上継続的に使用されていること。
(5)一定の地域で当該工芸品を製造する事業者がある程度の 規模を保ち、地域産業として成立していること。

沖縄県における「伝統的工芸品」一覧

沖縄県における「伝統的工芸品」一覧
国の伝産法に基づき、経済産業省指定の「伝統的工芸品」は、 平成30年現在、全国230品目有りその内、沖縄県は15品目 あります。

品質の証

熟練の手技だからこそ成せる完成度の高さは厳密な検査が 大切です。この伝統継承は、厳しい検査に合格した製品の 証です。近年は、類似品も多い為、「証」をご確認いただき 十分ご留意ください。
「八重山みんさー織」も、伝産法に則り、地域性を特に重視し、 八重山地方で生産しています。 証等に生産地や製造元として八重山の地名(石垣市・竹富町) が記されているかお確かめください。

品質の証

▲ ページトップへ